FAGOTT3.GIFFAGOTT1 

mfのページ

僕が線を引いて読んだ所

 

著者別索引   2009/12/31更新

 

 

相原茂『はじめての中国語「超」入門』(ソフトバンク新書)

青木保異文化理解(岩波新書)

赤瀬川原平・山下裕二『京都、オトナの修学旅行』

赤瀬川原平「新解さんの謎」

浅沼撲『可能性としての連句』

浅沼撲『中層連句宣言』

浅沼撲『「超」連句入門』

アーサー・ビナード左右の安全

アーサー・ビナード出世ミミズ(集英社文庫)

アーサー・ビナード釣り上

阿辻哲次『漢字道楽』(講談社選書メチエ)

阿辻哲次『漢字を楽しむ』(講談社現代新書)

荒川洋治『詩とことば』

有馬五浪『鯊日和』

アントニオ・タブッキインド夜想曲(白水Uブックス)

安野光雅『絵の教室』(中公新書)

安野光雅・藤原正彦『世にも美しい日本語入門』(ちくまプリマー新書)

井形慶子『古くて豊かなイギリスの家 便利で貧しい日本の家』(新潮文庫)

生島淳『駅伝がマラソンをダメにした』(光文社新書)

池上彰「見えざる手」が経済を動かす(ちくまプリマー新書)

池澤夏樹明るい旅情(新潮文庫)

池澤夏樹『読書癖2』

石田衣良『波のうえの魔術師』(文春文庫)

石原千秋『未来形の読書術』(ちくまプリマー新書)

石原千秋国語教科書の思想(ちくま新書)

石原千秋ケータイ小説は文学か(ちくまプリマー新書)

石山修武『住宅病はなおらない』

伊丹十三『問いつめられたパパとママの本』(新潮文庫)

伊藤礼自転車

今井聖バーベル

今井聖ライク・ア・ローリングストーン―俳句少年漂流記

忌野清志郎エリーゼ詩集

入江敦彦『やっぱり京都人だけが知っている』(新書y)

内田樹『「おじさん」的思考』

内田樹『先生はえらい』(ちくまプリマー新書)

内山節『「里」という思想』(新潮選書)

梅田望夫『ウェブ進化論』(ちくま新書)

梅田望夫『ウェブ時代をゆく』(ちくま新書)

遠藤哲夫『漢字の知恵』(講談社現代新書)

大屋達治俳句なんでもQ&A

小川国夫「物と心」

小川軽舟 現代俳句の海図 昭和三十年世代俳人たちの行方(角川学芸ブックス)

小沢昭一『俳句武者修業』(朝日文庫)

小澤實俳句のはじまる場所―実力俳人への道(角川選書)

乙一失はれる物語 (角川文庫)

恩田陸『夜のピクニック』

太田光中沢新一『憲法九条を世界遺産に』(集英社新書)

 

 

 

甲斐徹郎『自分のためのエコロジー』(ちくまプリマー新書)

櫂未知子『季語の底力』(生活人新書)

金谷武洋『日本語に主語はいらない―百年の誤謬を正す』(講談社選書メチエ)

景山貴彦テレビのゆくえ―メディアエンターテインメントの流儀

カズオ・イシグロ夜想曲集:音楽と夕暮れをめぐる五つの物語

苅谷剛彦・増田ユリヤ『欲ばり過ぎるニッポンの教育』(講談社現代新書)

カレル・チャペック『園芸家12カ月』(中公文庫)

川上弘美『溺レる』(新潮文庫)

川上弘美『センセイの鞄』(文春文庫)

姜尚中『愛国の作法』(朝日選書)

岸本尚毅俳句力学

北村太郎『続・北村太郎詩集』(現代詩文庫)

北村太郎『ぼくの現代詩入門』

金聖響ロマン派の交響曲未完成から悲愴まで(講談社現代新書)

串田孫一『もう登らない山』

串田孫一『雑木林のモーツァルト』

串田孫一『自然と美と心』

轡田隆文『「考える力」をつける本』

劇団ひとり『陰日向に咲く』

玄田有史仕事のなかの曖昧な不安―揺れる若年の現在(中公文庫)

河野けいこランナー Runner -河野けいこ句集-

小駒勝美『漢字は日本語である』(新潮新書)

小西甚一『国文法ちかみち』

小林秀雄『小林秀雄講演』(新潮カセット文庫)

駒尺喜美『紫式部のメッセージ』(朝日選書)

 

 

齋藤孝『読書力』岩波新書)

斎藤美奈子『文章読本さん江』

榊莫山『自家菜園の愉しみ』

笹原宏之『日本の漢字』(岩波新書)

佐藤和夫『海を越えた俳句』(丸善ライブラリー)

佐藤正午『ありのすさび』

佐藤正午『5』

佐藤正午『小説の読み書き』(岩波新書)

佐藤正午『Y(ハルキ文庫)

佐藤正午『ジャンプ』(光文社文庫)

沢木耕太郎『深夜特急』(新潮文庫)

サン=テグジュペリ『星の王子さま』

志賀直哉「自転車」

柴田千晶セラフィタ氏』

柴田千晶『赤き毛皮』

清水哲男『匙洗う人―清水哲男句集』

清水哲男打つや太鼓

清水良典『自分づくりの文章術』(ちくま新書)

ジャン・ジオノ『木を植えた男』

城繁幸『若者はなぜ3年で辞めるのか? 年功序列が奪う日本の未来』 (光文社新書)

城繁幸『3年で辞めた若者はどこへ行ったのか―アウトサイダーの時代 (ちくま新書)

ジョナサン・カラー荒木映子富山太佳夫文学理論 (1冊でわかる)

白鳥和也素晴らしき自転車の旅―サイクルツーリングのすすめ(平凡社新書)

須賀敦子遠い朝の本たち(ちくま文庫)

須賀敦子ミラノ霧の風景―須賀敦子コレクション(白水Uブックス)

杉山登志郎発達障害の子どもたち(講談社現代新書)

鈴木秀美『ガット・カフェ〜チェロと音楽をめぐる対話』

千住博美術の核心(文春新書)

 

 

高島俊男『漢字と日本人』(文春新書)

高橋順子『連歌のたのしみ』(新潮選書)

高橋睦郎『新選高橋睦郎詩集』(新選現代詩文庫)

高橋睦郎百人一句―俳句とは何か(中公新書)

武富健治『鈴木先生1』(アクションコミックス)

太宰治「お伽草紙」

太宰治「新釈諸国噺」

太宰治「富嶽百景」

高濱虚子『虚子五句集』(岩波文庫)

田中貴子『検定絶対不合格教科書古文

田嶋幸三『「言語技術」が日本のサッカーを変える』 (光文社新書)

田中裕明田中裕明集(セレクション俳人11)

田中博子『伽羅の香』

玉村豊男 『エッセイスト』(中公文庫)

玉村豊男『パンとワインとおしゃべりと』(中公文庫)

チェスタトン木曜日だった男 一つの悪夢(光文社古典新訳文庫)

塚崎幹夫『星の王子さまの世界』(中公文庫)

筑紫磐井『筑紫磐井集』(セレクション俳人12)

辻仁成『海峡の光』(新潮文庫)

辻仁成『ミラクル』(新潮文庫)

デイヴィッドルーカスなかがわちひろじゅうたん

寺山修司『寺山修司の俳句入門』(光文社文庫)

鴇田智哉『60歳からの楽しい俳句入門』

外山滋比古『省略の文学』(中公文庫)

 

 

中島敦「山月記」

中島らも『ガダラの豚』

中谷耿一郎『木洩れ日の庭で』

仲本秀四郎『情報を考える』丸善ライブラリー

南木佳士『医学生』(文春文庫)

南木佳士「ウサギ」

南木佳士『医者という仕事』(朝日文庫)

南木佳士『ふいに吹く風』(文春文庫)

南木佳士『海へ』(文春文庫)

南木佳士『急な青空』(文春文庫)

夏石番矢『現代俳句キーワード辞典』

行方克巳『行方克巳集』(セレクション俳人16)

成瀬正俊『京極杞陽の世界 (昭和俳句文学アルバム)

西林克彦『わかったつもり―読解力がつかない本当の原因』(光文社新書)

西脇順三郎『野原をゆく』(講談社文芸文庫)

新田穂高自転車スローライド―昔と未来の風景へ

ねじめ正一『読むところ敵なし―言葉のボクシング』(ハルキ文庫)

ねじめ正一『荒地の恋』

 

 

ハインライン『夏への扉』(早川文庫)

パウロコエーリョ『アルケミスト―夢を旅した少年』(角川文庫)

萩原修『9坪の家』

橋本治『「わからない」という方法』(集英社新書)

橋本治『ちゃんと話すための敬語の本』(ちくまプリマー新書)

橋本治『日本の行く道』(集英社新書)

長谷川櫂『一億人の俳句入門』

長谷川櫂『古池に蛙は飛び込んだか』

長谷川櫂『俳句的生活』(中公新書)

長谷川櫂富士

原康小さな旅の写真ノート(えい文庫)

疋田智『自転車ツーキニスト』(知恵の森文庫)

樋口裕一『日本語力崩壊―でもこうすればくい止められる』(中公新書ラクレ)

樋口裕一『ホンモノの文章力―自分を売り込む技術』 (集英社新書)

平野恵理子『庭のない園芸家』

ひろさちや『「狂い」のすすめ』(集英社新書)

深田久弥日本百名山

藤沢周平『日暮れ竹河岸』

藤沢周平藤沢周平句集』

藤田湘子『朴下集』

藤田湘子『新20週俳句入門』

藤原正彦『国家の品格』(新潮新書)

藤原正彦、安野光雅『世にも美しい日本語入門』(ちくまプリマー新書)

船橋一成『散歩の極意』(ちくま新書)

坊城俊樹『俳句入門迷宮案内 丑三つの厨のバナナ曲がるなり』

保坂和志『書きあぐねている人のための小説入門』

保坂和志『プレーンソング』(中公文庫)

穂村弘、他『短歌はじめました。』(角川ソフィア文庫)

堀江敏幸雪沼とその周辺(新潮文庫)

 

 

正高信男『考えないヒト』(中公新書)

増田真樹『超簡単!ブログ入門』(角川ONEテーマ21)

増田ユリヤ、苅谷剛彦『欲ばり過ぎるニッポンの教育』(講談社現代新書)

枡野浩一『どうぞよろしくお願いします』

町田健『日本語のしくみがわかる本』

松井孝典『われわれはどこへ行くのか? 』(ちくまプリマー新書 )

松野苑子『真水』

黛まどか茂木健一郎俳句脳 ――発想、ひらめき、美意識 (角川oneテーマ21 )

丸山健二『されど孤にあらず』

丸山健二『夕庭』(撮影=萩原正美)

丸山健二『安曇野の白い庭』(新潮文庫)

丸山健二小説家の庭

三浦綾子塩狩峠

三浦哲郎『みちづれ―短篇集モザイク1』(新潮文庫)

三浦展『下流社会 新たな階層集団の出現』(光文社新書)

三上章象は鼻が長い―日本文法入門 (三上章著作集)

三田紀房『ドラゴン桜12』

三田村信行『おとうさんがいっぱい』

宮脇昭『木を植えよ!』(新潮選書)

宮脇檀『旅は俗悪がいい』(中公文庫)

村上春樹『東京奇譚集』

村上春樹カンガルー日和(講談社文庫)

本川達雄『ゾウの時間ネズミの時間―サイズの生物学』(中公新書)

森健『インターネットは「僕ら」を幸せにしたか?』

森博嗣『猫の建築家』

森口朗『授業の復権』(新潮新書)

森見登美彦『新釈 走れメロス』

森村泰昌『踏みはずす美術史―私がモナリザになったわけ』講談社現代新書

 

 

安田敏朗『「国語」の近代史―帝国日本と国語学者』(中公新書)

柳川範之独学という道もある(ちくまプリマー新書)

山口耀久北八ッ彷徨―随想八ヶ岳(平凡社ライブラリー)

山口仲美著『日本語の歴史』(岩波新書)

山崎方代『もしもし山崎方代ですが』

山崎方代『こんなもんじゃ 山崎方代歌集』

山下裕二、赤瀬川原平『京都、オトナの修学旅行』

柳治男『〈学級〉の歴史学―自明視された空間を疑う』

結城昌治『俳句つれづれ草 昭和私史ノート』(朝日文庫)

養老孟司『バカの壁』(新潮新書)

横田庄一郎『「草枕」変奏曲――夏目漱石とグレン・グールド』

吉川徹学歴分断社会(ちくま新書)

吉田戦車『吉田自転車』(講談社文庫)

吉村順三『建築は詩 建築家吉村順三のことば100』

吉本隆明詩の力(新潮文庫)

 

 

鷲田小彌太『学ぶことの法則』(丸善ライブラリー)

和田秀樹『能力を高める 受験勉強の技術』